Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/stepupjump18/step-up-jump.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/stepupjump18/step-up-jump.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

お問い合わせの回答集

>

このページでは、これまでに頂きましたお問い合わせに関する回答を書き込んでおきます。
随時、更新する予定です。
ご質問者様の個人情報は、一切書き込みません。
匿名での三者懇談なども行っていますので、是非ご利用ください。
当方から、入塾の勧誘をすることは一切ございませんのでご安心ください。

Q: 入塾テストはないのですか?

A: ありません。1回のテストでは何もわからないからです。
成績が悪くても、覚悟のある生徒さんは確実に伸びます。
逆に成績は普通でも覚悟と野心の無い生徒さんは100%脱落します。
面接でしっかりとお話ししています。

Q: 高1高2は学校の授業中心に勉強したいのですが?

A:
補習塾に通われることをお勧めします
ここでは塾で決められた方針に従ってもらいます。
個別指導の塾ではいくらでもわがままを聞いてもらえますよ。/p>

Q: 遅れている単元を補習してもらえますか?

A: 特別には行っていません。日々の勉強で十分と伝えています。
むしろ他塾で配っている”過去問”を見ないように指導しています。
定期テストはあくまで区切りでしかありません。”高校準拠クラス”は甘えるきっかけにしかなりません。
定期テストで単元の理解度を確認してもらえれば大丈夫です。
そもそも定期テストはできて当然です。

Q: 授業時間は1回何分ですか?週に何回授業がありますか?

A:授業は、基本180分です。授業は週に高1は3回、高2と高3は4回行います。
ただし、休日や週末に補習授業を組むことがあります。
1学期は、高校の授業でも新しく習う単元が多く、あまり授業を増やすことができません。
流れをつくるための補習が増える傾向にあります。
夏休みは、できる限り授業をします!としか言えません。
2018年の夏休みの授業記録
高校の夏期講習を休んでまで塾に来いとは言いません。学校もとても大切です。
後半の演習期には授業は増えると思っておいてください。
2次試験の過去問演習では、1回300分(休憩あり)の授業もあります。
センター試験の演習は週に6回ある週も出てきます。生徒の様子を見ながら決めさせてください。
後期は演習→解説の授業が増えるため180分を超える授業もあります。
「自学」と「授業」と「学校」と「個人指導」のバランスを大切に考えています。

Q: 文系クラスはないのですか。

A: step by stepを東学から切り離したのは、理系科目を一体化させて指導したい。という願いからでした。
なので文系は含まれません。理想はどちらもなのですが、余裕のない中で無責任なことはできません。
step by stepでは、理系学部のみで当面の運営をします。
文系学部志望で、英語、数学、国語、公民の受講を希望される方は、是非東学へお問い合わせください!理系の人で、単科で鍛えたい人も是非!です。
志望校合格への道筋は、必ず提示してもらえますよ。
先日も英語の点数が70点上がった!
と喜んでいる3年生の話を聞きました。
自信をもってお勧めします。
step by stepでは受験の無料相談は随時行っております!
匿名での3者懇談も可能です。
第三者だからこそのアドバイスをしますよ。
他塾に通われている方でもwelcomeです。
こちらから勧誘することは一切ありません。

Q: 受講費用の一括払いはできますか?

A: いいえ。一括払いは受け付けておりません。
授業料は、授業を行った月の末にお支払いいただきます。
僕は、講師として教えたことに対する報酬を受けていると思っています。
ですので授業料を前払いで受けることはありません。
万が一、中途で塾をやめてしまうこととなったとしても、
授業をした分の請求以外は致しません。
後払いとなりますので、金銭的なトラブルは一切ないと思います。

Q: 東学に問い合わせてもいいですか?

A: 申し訳ありません。step by stepは東学とは全く違うシステムで運営しています。
東学にお問い合わせされてもstep by stepの説明等は行えません。
東学のクラスからの変更なども一切行っておりませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

Q: 成績が悪いのですが大丈夫でしょうか?

A: 「大丈夫ですよ」などと気楽には言えません。
これまですごく苦手だった数学の成績を飛躍的に上げた生徒さんもたくさんおられます。
しかし、全員ではありません。
ここで回答できるのは「そこも含めてしっかり説明します」とだけです。
step by step が目指すこと、step by stepでの勉強の日々、すべてご説明しています。
聞いて、話して、すべて納得されてからの入塾をお勧めしております。是非、一度、匿名での面接を受けてみてください!

A: 希望があれば、授業後や休日、空いた時間などに補習をします。
料金は,60分800円です。

今年2年生から入塾された方は積極的に補習を受けて追いついてくれました!

Q: 定期テスト対策はありますか?

A: 特別には行っていません。日々の勉強で十分と伝えています。
むしろ他塾で配っている”過去問”を見ないように指導しています。
定期テストはあくまで区切りでしかありません。”高校準拠クラス”は甘えるきっかけにしかなりません。
定期テストで単元の理解度を確認してもらえれば大丈夫です。
そもそも定期テストはできて当然です。

Q: 授業時間は1回何分ですか?週に何回授業がありますか?

A:授業は、基本180分です。授業は週に高1は3回、高2と高3は4回行います。
ただし、休日や週末に補習授業を組むことがあります。
1学期は、高校の授業でも新しく習う単元が多く、あまり授業を増やすことができません。
流れをつくるための補習が増える傾向にあります。
夏休みは、できる限り授業をします!としか言えません。
2018年の夏休みの授業記録
高校の夏期講習を休んでまで塾に来いとは言いません。学校もとても大切です。
後半の演習期には授業は増えると思っておいてください。
2次試験の過去問演習では、1回300分(休憩あり)の授業もあります。
センター試験の演習は週に6回ある週も出てきます。生徒の様子を見ながら決めさせてください。
後期は演習→解説の授業が増えるため180分を超える授業もあります。
「自学」と「授業」と「学校」と「個人指導」のバランスを大切に考えています。

Q: 文系クラスはないのですか。

A: step by stepを東学から切り離したのは、理系科目を一体化させて指導したい。という願いからでした。
なので文系は含まれません。理想はどちらもなのですが、余裕のない中で無責任なことはできません。
step by stepでは、理系学部のみで当面の運営をします。
文系学部志望で、英語、数学、国語、公民の受講を希望される方は、是非東学へお問い合わせください!理系の人で、単科で鍛えたい人も是非!です。
志望校合格への道筋は、必ず提示してもらえますよ。
先日も英語の点数が70点上がった!
と喜んでいる3年生の話を聞きました。
自信をもってお勧めします。
step by stepでは受験の無料相談は随時行っております!
匿名での3者懇談も可能です。
第三者だからこそのアドバイスをしますよ。
他塾に通われている方でもwelcomeです。
こちらから勧誘することは一切ありません。

Q: 受講費用の一括払いはできますか?

A: いいえ。一括払いは受け付けておりません。
授業料は、授業を行った月の末にお支払いいただきます。
僕は、講師として教えたことに対する報酬を受けていると思っています。
ですので授業料を前払いで受けることはありません。
万が一、中途で塾をやめてしまうこととなったとしても、
授業をした分の請求以外は致しません。
後払いとなりますので、金銭的なトラブルは一切ないと思います。

Q: 東学に問い合わせてもいいですか?

A: 申し訳ありません。step by stepは東学とは全く違うシステムで運営しています。
東学にお問い合わせされてもstep by stepの説明等は行えません。
東学のクラスからの変更なども一切行っておりませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

Q: 成績が悪いのですが大丈夫でしょうか?

A: 「大丈夫ですよ」などと気楽には言えません。
これまですごく苦手だった数学の成績を飛躍的に上げた生徒さんもたくさんおられます。
しかし、全員ではありません。
ここで回答できるのは「そこも含めてしっかり説明します」とだけです。
step by step が目指すこと、step by stepでの勉強の日々、すべてご説明しています。
聞いて、話して、すべて納得されてからの入塾をお勧めしております。是非、一度、匿名での面接を受けてみてください!

By

コメント

コメントを残す